TOPへもどる

スーパーマリオコレクション

パッケージ

発売日:1993年7月14日
価格:9500円(税別)
ジャンル:アクション
プレイ人数:1〜2人
セーブ機能:あり

ゲーム画面 ゲーム画面 ゲーム画面 ゲーム画面 ゲーム画面





夢のマリオ4本立て!

ファミコンで大ヒットを成し遂げたスーパーマリオのアクションゲーム、
『スーパーマリオブラザーズ』、『スーパーマリオブラザーズ2』、『スーパーマリオブラザーズ3』、
そして『スーパーマリオUSA』が1本のソフトになった、スーパーマリオの集大成。
ファミコンからスーパーファミコンに移行し、グラフック・サウンド共にパワーアップ!
さらに嬉しいセーブ機能付き!各ゲーム4つまでセーブすることが可能になった。
これで、とことん”スーパーマリオ”を楽しもう!


スーパーマリオブラザーズ

ゲーム史に名を残す名作がスーパーファミコンで帰ってきた!
青や黒で統一された背景も多重スクロールになって、奥行きや立体感が生まれた。
マリオや敵キャラクターも動きはそのままに、グラフィックが新しくなっている。
さらに、当時の裏ワザもほとんど再現されており、
あの開発者をも驚かした、段差を使った連続1UPも可能。
原作では増やしすぎると数字がバグったが、本作ではちゃんと残り人数が127で止まるようになった。
1ワールドごとにセーブができる。


スーパーマリオブラザーズ2

ディスクシステムで発売された、最も難しいと言われたマリオ。
本作では、1コースごとにセーブができるようになった!
さらに、8回クリアしないと行けなかった幻のパラレルワールドへ1回クリアで行けるようになった!
セーブ機能が付いているので、幻と言われたワールド9にも行きやすくなった!
・・・と、原作からいろいろと変更されているので、本作でクリアを目指してみよう。
ほか、細かいところ、オリジナルとの違いが色々と多い。


スーパーマリオブラザーズ3

硬かった画面が、パステル調で美しい仕上がりに。
こちらもパワーダウンの変化や、地形、エンディングなど原作から多少変更されている。
というのも、元は海外版『マリオ3』で、それをベースに作られているからだ。
アイテムもセーブされるので、ワールド1でもカエルスーツを使うことも可能に(笑
さらに、より本格派になった「バトルゲーム」のおまけつき。
本編そっちのけでハマってしまうかも!?


スーパーマリオUSA

ナゼこれも?と思うかもしれないが、海外では『マリオ2』として発売されたのだ。
日本では原作が発売してから1年も経たないうちに本作でリメイク。
USAだけに(?)、背景の熱帯植物とピーカンの青空が良い感じ。
逆に、建物の中はより不気味な感じになり、カメーンの迫力もアップ(笑
こちらもルーレットがパワーアップされるなど、一部ファミコン版とは異なっている。


ここに注目!

グラフィック・サウンド・システムとも大幅にパワーアップ!
なんと言っても、セーブ機能がついていてじっくり遊べるのが良い。
当時クリアできなかった人も、本作でクリアを目指してみよう。
オリジナル(ファミコン版)との違いを探してみても面白いかも。






もどる