TOPへもどる

スーパーマリオブラザーズ2

パッケージ

発売日:1986年6月3日
価格:2500円(税別)
ジャンル:アクション
プレイ人数:1人
セーブ機能:あり(☆の数だけ)
ディスク:片面

ゲーム画面 ゲーム画面 ゲーム画面 ゲーム画面 ゲーム画面





史上最難関のマリオ?

『スーパーマリオブラザーズ』を遊び尽くしてしまった人のために作られた、
任天堂からの挑戦状ともいえる、『スーパーマリオブラザーズ』第2弾。
パッケージには”FOR SUPER PLAYERS”と記されており、
ストーリーは同じだが、コースの数と難易度が大幅にアップ!
最後まで遊び尽くすには相当の腕が要求される仕上がりに。
ディスクシステムになってセーブ機能が付いたが、
セーブされるのはワールド8までクリアするとタイトルに付く「★」マークの数。
途中でセーブすることはできないので注意。


マリオとルイージ

本作は2人プレイはできなくなってしまったものの、
「マリオゲーム」と「ルイージゲーム」の2種類の遊び方ができるようになった。
マリオは前作と同じ操作性だが、ルイージはマリオと性能が異なっており、
マリオと比べるとジャンプ力が高く、ブレーキが効きにくい。
一長一短ある両者、好きな方を選んでクリアを目指そう。


待ち受けるさまざまな新要素

ルイージに個性がついたほかにも、まだまだ新要素がある『マリオ2』
ブロックから出てくるものの、取ってしまうとミスになる恐怖のキノコ「毒キノコ」
画面外まで吹っ飛びしばらく落ちてこない「ハイパージャンプ台」
勝手に体が押されてしまう「追い風」
マリオが土管の近くにいても恐れず顔を出してくる「赤パックンフラワー」
などなど、新しいイジワルなしかけや敵キャラが追加されている。
世界観も前作とは異なり、キノコや雲に目が付いてかわいらしくなった。


ここに注目!

イジワルな仕掛けが増え、難易度がアップした『マリオ2』。
ありとあらゆるテクニックを駆使してクッパに挑もう。
なお、ルイージに初めて個性が付いた作品でり、現在にも一部受け継がれている。






もどる